ロゴ

タクシードライバーになりたい人は注目!求人情報誌をチェックしよう

歩合制でモチベーションアップ

タクシードライバーの給与形態としては、大まかに分けると2種類あり、基本給や歩合制度があります。基本給の場合ですと安定した生活を送ることができますし、歩合制の場合は年収800万円ということも夢ではありません。

新着情報

比べることが大切

求人情報誌を見ると、つい給料のところに目がいってしまうという方も多いでしょう。しかし、休日や福利厚生などもチェックし、総合的に判断するといいでしょう。そして、比較をすることによって、数ある情報の中から自分に合った会社を見つけて就職することができるのです。

求人誌を見るポイント

初心者歓迎

ほとんどのタクシー会社では、今まで別の仕事をしていた方でも面接に受かるケースがあります。ですので、未経験者でも良いと書かれているのであれば、積極的にアプローチをすると道を開くことができるようになるでしょう。

正社員になれる

アルバイトや派遣社員であれば、会社の売り上げが悪くなった時に一番に影響を受けやすいと言えます。しかし正社員であれば、安定して業務に入れますし、高収入を得るということも可能になるのです。

自由度が高い

仕事をガッツリしたいけれど、プライベートな時間も欲しいと思っているのなら、勤務形態を確認しておくといいでしょう。そうすれば、業務と趣味の両立をすることができ、ハリのある生活を送ることができるようになるのです。

タクシードライバーの求人情報は待遇がポイント

英語

短期間で学べる

日本国内外から観光客が押し寄せる古都京都には、タクシーを利用する人が一年を通してとても多いです。ですので、給与がいいだけでなく、少しでも仕事にやりがいをもちたいと思っているのであれば、タクシードライバーの仕事に就くといいでしょう。タクシードライバーは、未経験者でも面接で採用される場合がありますが、確実に受かりたいと思っているのなら二種免許を取得しておくといいでしょう。また、二種免許は21歳以上から試験を受けることができ、第一種免許を取ってから3年を過ぎていなければなりません。そして、視力が片目であれば0.5、両方であれば0.8以上が必要になってきます。他にも、洞察力の検査も行われています。それを突破しなければ合格することはできません。そのための勉強をしたり、試験を受けたりすると通常の場合は最低でも20日という期間が必要になってきますが、合宿ですとたったの8日で合格を目指すことが可能になっているのです。それらを習得してから面接に受けるとより採用される確率が高くなるのです。

サーチする

タクシードライバーになるために自動車学校に通おうと思っていても、お金がない方にとってはすぐに実現することができません。しかし、タクシー会社によっては仕事をしながら免許を取得することができる制度もあるので、タウンワークなどの求人情報誌を見る時はそういった点に注目しておくといいでしょう。また、タウンワークには多くの情報が掲載されているので、一度目を通したところを探すのは手間がかかってしまいます。そういった場合は、カラーペンでマークをつけたり、付箋を貼ったりすることによって、すぐに気になっていたページを見つけることができるでしょう。

広告募集中